ストレス 鍼灸 揉み療治

印堂

顔の正面にあるツボが印堂。
お釈迦様の眉毛と眉毛の真ん中にある印が印堂というツボです。
第三の目と言われている場所にあります。

 

ツボは、督脈[とくみゃく]という経絡上にありますがこの経絡には、含まれていないツボです。
正経12経絡のいずれにも属していない経外奇穴と呼ばれている「先人が友好な施術点として発表し、その有効性が経験的に証明され、歴史的に受け継がれているツボです。

 

印堂で効果的なのは、小児の引きつけ、鼻のトラブル、頭痛、めまい、不眠症、目の充血、眼の疲れ、顔面痛、顔面麻痺が報告されています。

 

当院でよく使うのは、鼻のトラブルと鼻のトラブルによる頭痛や顔の痛み、眼の疲れや目の疲れによる頭痛などです。
鼻炎などで鼻に響く場合効果が期待できるツボの1つです。

 

私の師匠は、ツボを4つの特性で分けます。
私も同じ使い方をします。
特性が出ているときは、刺入してゆるめるか磁気鍼と呼ばれる鍼を置鍼して変化するのを待ちます。

 

鼻のトラブル、花粉症などは手の合谷とともに使います。
不眠症にも使うことの多いツボです。


logotop1 logotop2 logotop3

メールでの予約電話をかける

line

line

page top