脾経 経絡

脾経|経絡按摩・指圧と鍼灸のツボ

脾経のツボはよく反応も出て、体幹にヒビクのであります。
脾経が凝実するとカラダはダル重く、舌がこわばり嘔吐したくなり胃や腹は張る。
不眠、下痢もこの経絡といわれています。

 

脾経

原穴:太白
絡穴:公孫
募穴:章門
兪穴:脾兪
げき穴:地機

 

足の胃経と脾経を連絡する支脈は胃経の衝陽から分かれ拇指と第二指の行間をめぐって関係と合流して行間の下をめぐって隱白に交わっている。

脾経は隱白から始まる。拇指の内側を通り内果の前を過ぎて腓骨の後縁を上行し、膝の内側を通って厥陰肝経と交差し、さらに大腿の内側を上って下腹の衝門、府舎にに至り、府舎より内方に横行し、て任脈の中極に交わり、上って関元に至り関元から再び左右に分かれて腹結にいき、上行して大横にいき、上行して日月、期門をよぎり、任脈の上?、下?に下行して脾臓に所属し胃を絡う。さらに腹哀より分かれて横隔膜を貫いて食竇、天溪、胸?、周栄とし、胸部の前外側を上行し周栄より反転下行して大包に至る。大包から上行して肺経の中府よりまた上行して胃経の人迎に行きに上り、咽頭より舌根に連なり舌下に散じる。
また、その支なるものは、中?穴より別れて横隔膜を貫き心中に注ぎ、手の少陰心経に連なる。

 

隱白(いんぱく)

指圧では私は使わない鍼灸では使うことあり。
灸あたり。
橋本三郎先生によると胃の病は灸が効果的。

 

大都(たいと)

心配ごと、腹直筋のつっぱりとあるがストレスで腹筋に力が入って抜けない時に使うのかもしれない。
上腹部の激しい痛み。
心窩部と胸部つながりの痛み。
ヘッド氏帯のL5で腎、りん尿管、子宮の疾患に応用。

 

太白(たいはく)

第1中足骨前端、、豊隆部の後側陥中
お腹がゴロゴロなるなどの胃腸の問題。
翳風の緊張硬結

 

公孫(こうそん)

太白の後ろ一寸
天枢辺りのしこりや下腹部の張り。

 

商丘(しょうきゅう)

足の内果
便秘、ヒステリー

 

三陰交(さんいんこう)

男女とも生殖器疾患に使う。
逆子に照海と併用する。
反射、誘導に使えるツボ。

 

漏谷(ろうこく)

内果の上六寸
消化器関係の問題

 

地機(ちき)

漏谷の上二寸
陰陵泉の下五寸、漏谷の上三寸。
筑波技術大学の形井秀一先生は、腰痛の発表があり。
精力不足、精力減退、早漏
※三陰交、漏谷、地機は、肝炎、胆石、胆嚢炎の特効穴。

 

 

陰陵泉(いんりょうせん)

膝関節疾患

 

血海(けっかい)

膝蓋骨の内上角二寸上
婦人科疾患、冷え性。
更年期障害などの血の道とよばれる症状に反応がれば使う。
変形性膝関節炎では、自分的には、ゾーンとして使う。

 

箕門(きもん)

大腿直筋と縫工筋が交わる場所

 

 

衝門(しょうもん)

動脈応ずるところ

 

 

府舍(ふしゃ)

腹結の下三寸脹痛、便通

 

腹結(ふっけつ)

乳腺上大横の下三寸

 

大(だいおう)

へその真横 乳腺上

 

 

腹哀(ふくあい)

大横の上三寸

 

食竇(しょくとく)

 

乳根穴の外方二寸
上に中府
気管支炎

 

天溪(てんけい)

乳中穴の外方二寸

 

胸?(きょうきょう)

周栄の下一寸六分
乳線より二寸外方

 

周栄(しゅうえい)

中府の下 一寸六分

 

 

大包(たいほう)

腋窩中央より第十一肋骨端までを一尺二寸とし、腋窩六寸。
つまり中間部。

logotop1 logotop2 logotop3

メールでの予約電話をかける

line

line

page top