胃経 経絡

胃経|経絡按摩・指圧と鍼灸のツボ

胃経はカラダの前面を通っている経絡です。
子供の治療は、特に「脾胃の虚弱」といい脾経とともに重視されて使われる経絡です。

 

胃経

 

原穴:衝陽
兪穴:胃兪
募穴:中?
絡穴:豊隆
げき穴:梁丘

 

足の陽明胃経は、顔から首、胸、腹、腰から足先に連なる経絡です。
ツボ数は45穴あります。
胃腸の調整と動きでは腰痛にも使われます。
私が腰痛の時に使うのは解谿というツボです。

 

陽明大腸経と同経です。
また胃経は流注が興味深いです。
迎香穴から上って膀胱経の清明穴に交わります。
そこから胃経のツボはスタートします。

 

足の陽明胃経は大腸経の迎香穴より起こって鼻筋を上って両眼の間で鼻筋が低くなってるところ山根で左右から分かれます。別れて膀胱経の晴明穴のところを通り目の直下の承泣穴、四白穴、巨?穴を経て、巨?穴より上歯の中に入り、人中に交わってふたたび出て地倉穴をめぐり、左右から下唇をめぐって承漿穴で交わります。ここから左右に分かれて顎の下あたりを循り、大迎穴、頬車穴を循り、耳の前に上って下関穴に至り、ここから頬骨弓から髪際に出て、胆経の客主人、懸釐、懸顱、頷厭の所穴をめぐって額の角の頭維穴を経て前髪際を循り、督脉の神庭穴に左右より会合する。

 

その支脉は、大迎穴より下って人迎穴を通り、咽頭を循り缺盆穴に入り、乳腺の内側を下行し横隔膜を貫いて、上?と中?の間に至って胃に所属し、脾を絡う。
その直行のものは、缺盆穴より乳腺に沿って下行し、横隔膜を貫いて臍を挾み不容穴より天枢穴に下行し、気衝穴に入る。
その支脉は、胃の下口、下?穴より起こり、腎経の外方、胃経本系の内方を下行し気衝穴に本経と合する。本経は気衝穴から大腿前外側を下り、膝関節を循り、下腿前外側を下り三里を通り解谿穴を経て衝陽穴、陥谷穴、内庭穴を経て第二指爪甲根部外側に終わる。
支脉は豊隆穴より別れて本経の外方を下行し、児[穴に至る。その支脈は、衝陽穴より大指の端で太陰脾経に合する。

 

 

 

承泣(しょうきゅう)

眼精疲労や白内障などの目の疾患。虚して使う。
四白と比較して反応のある方を使う。

 

四白(しはく)

眼疾患、蓄膿症

 

巨?(こりょう)

眼疾患、上歯痛、蓄膿症、歯ぎしり

 

地倉(ちそう)

 

大迎(だいげい)

歯痛、顔面神経麻痺、三叉神経痛

 

?車(きょうしゃ)

顎関節症、口がうまく開かないなどに使う。

 

下関(げかん)

口を開けると塞がる位置に取る。

 

頭維(ずい)

咀嚼して動くところ。
目の使いすぎで視力が落ちる、偏頭痛に反応があり効果あり。
※下関から頭維に上る。

 

人迎(じんげい)

胸鎖乳突筋の前縁。動脈が触れるところ。後縁が伏突穴。
血圧降下。咳止めなど自律神経の調整に使われる。

 

水突(すいとつ)

胸鎖乳突筋の内側。天鼎(大腸経)とならぶ。

 

気舎(きしゃ)

天突と並ぶ胸鎖乳突筋の内側。
咽喉の問題に使う。

 

缺盆(けつぼん)

 

 

気戸(きこ)

鎖骨の下。乳首線上。
呼吸器系

 

屋翳(おくえい)

乳首線上。第二肋間と第三肋間の間。
呼吸器、心臓疾患。

 

庫房(こぼう)

乳首線上。第二肋間
呼吸器、心臓疾患。

 

膺窓(ようそう)

乳首線上。屋翳の下一寸六分。
乳腺炎のツボ

 

乳中(にゅうちゅう)

禁鍼灸穴

 

乳根(にゅうこん)

乳首線上。心尖拍動で指頭に触れるところ。

 

 

不容(ふよう)

巨闕の二横指半外側

 

承滿(しょうまん)

不容の下一寸

 

 

梁門(りょうもん)

承滿の下一寸

 

 

関門(かんもん)

梁門の下一寸

 

 

太乙(たいいつ)

関門の下一寸

 

 

滑肉門(かつにくもん)

太乙の下一寸

 

 

天枢(てんすう)

大腸経の募穴

 

外陵(がいりょう)

天枢の下一寸。

 

大巨(だいこ)

外陵の下一寸。

 

水道(すいどう)

天枢の下三寸。

 

 

帰来(きらい)

中極の傍ら二寸。

 

気衝(きしょう)

帰来穴の一寸下

 

髀関(ひかん)

大転子の前面陥凹部。
腰痛、膝痛、大腿の屈伸不能。

 

伏兎(ふくと)

坐骨神経痛。

 

陰市(いんし)

膝の上三寸。梁丘の上一寸。
膝の冷えと下腹部の冷え。

 

梁丘(りょうきゅう)

 

犢鼻(とくび)

膝の調子が悪いときに使います。

 

足三里(あしのさんり)

三里の灸(有痕灸)は、体調管理、免疫機能を高めるのには外せません。

 

上巨虚(じょうこきょ)

足の三里の下三寸。

 

 

条口(じょうこう)

上巨虚の下二寸。
条口の外側一寸に豊隆穴。

 

下巨虚(げこきょ)

上巨虚の下三寸。

 

 

豊隆(ほうりゅう)

条口の外側一寸

 

 

解溪(かいけい)

つま先を上げて足首中央の凹で圧痛の強いところ。
腰痛のときに使います。

衝陽(しょうよう)

 

陷谷(かんこく)

 

内庭(ないてい)

 

児[(れいだ)

 

logotop1 logotop2 logotop3

メールでの予約電話をかける

line

line

page top