胸鎖乳突筋と斜角筋のコリ

歯ぎしり、噛みしめ、食いしばり、TCHと胸鎖乳突筋と斜角筋のコリ

斜角筋は、首の胸鎖乳突筋の下にある筋肉です。
前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋とあります。
第2頚椎?第6頚椎から鎖骨、第2肋骨にあり肋骨を持ち上げたり首を屈曲させたり、呼吸の時に使われる筋肉です。
胸鎖乳突筋

 

この筋肉が注目されるのはむち打ち症などで痛めた時、過緊張を起こしそのまま安定したりします。
歯ぎしり、噛みしめ、食いしばり、TCHの時に胸鎖乳突筋とともに働いてくれるのが斜角筋です。

 

歯ぎしりや噛みしめが強い人はよく緊張させる筋肉です。
噛むときに頭部を安定させるために負荷がかかってしまいます。て
それで疲労させています。
鍼や指圧の適応症状です。

 

斜角筋症候群

また斜角筋症候群と呼ばれる症候群がある。
斜角筋に緊張を生じて、腕神経を挟み込みます。

 

腕や手に痺れを生じます。斜角筋症候群とよばれ、胸郭出口症候群の一つの原因となります。
なで肩の女性の人や重いものを持つ仕事の人に多く前腕尺骨側に痛みやしびれ、血流障害が起きます。

 

経絡的には胃経と呼ばれるカラダ前面のラインと反応します。

 

指圧・マッサージ

頚椎の横突起についている筋肉なので仰向けか横向きで指圧します。
シコリが見つかりますのでゆっくりとじわっとシコリを溶かすように指圧、鍼をします。
鍼は、コリが出来て時間の経っているツボを選びます。

 

 

ある程度ゆるめたら牽引気味にストレッチを加える事もあります。

 

鎖骨のコリ  頑固な肩こりは、鎖骨周辺のコリも解消のポイント

 

肩こり・首コリの解消に効果的なツボはどこだろう?と探してみるとポイントの一つは鎖骨や近辺の胸筋に強いコリが残っています。
多くの症状の一致点は頸にあるコリ感。
※全くコリ感がないという方もいらっしゃいます。触ってみるとひどいコリなのですが本人の感じはありません。

 

頭痛などの症状が出てコリに気がつくというタイプの方です。

 

 

首から肩、喉周辺の筋肉が過剰に緊張した状態になり、のどや食道などを圧迫してつまり感や圧迫感、不快感などが出やすくなっているケースが多く見られます。
喉のつまり感は、声の出にくい感じの方もいらっしゃいます。
パソコンでの長時間作業の方や疲労感が強いときに起こりやすいときもあります。

 

そうです、鎖骨周りのコリは、首の疲労に関係しています。
PC作業やスマホでのメールやゲームは、現代日本では当たり前の風景となってしまっています。
インターネットをする方が多く、そのときの姿勢は、ディスプレーに顎を前方に突出した独特の姿勢が大きな頸への負担の要因となっています。

 

ゲームの時は、下を見て猫背になり、首周りの緊張もさることながら「鎖骨」についている筋肉が引っ張られ緊張した状態となります。
これが時間とともに緊張した状態で安定した状態となります。

 

仕事や勉強、ゲームなどでなどで集中されている時に、噛み締め、食いしばりクセのある方は頸への負担はより一層強いものとなります。

 

 

この姿勢は後頚部から肩で頭部を支えることとなるため、後頭部から首肩への負担が大きくなります。
首や肩周辺の筋肉が固く緊張したままになりやすいのです。

 

首コリ、肩こりもひどくなってくると頭痛がしてきます。
頭にも筋肉があるのですが頭のコリがひどくなると緊張型頭痛が出てきます。
このコリ由来による耳鳴り、耳が詰まった感じが出る時もあります。

 

首コリの人に多い、のどのつまり感、違和感、頭痛、耳鳴り、耳閉感、耳痛などの症状も起こりやすくなります。
つまり感、圧迫感が起こるようになって、ひどい首コリ・肩こりを意識する方もいまが大方は肩こりがひどくなってから唾が飲み込みづらいなどの状態で気がつく方です。

 

そういう方は一?二度指圧や鍼で首と肩関
することもあります。

 

 

 

 

 

テラフィあけぼの橋の肩こり・首のつまり感の解消法

  • 胸鎖乳突筋の調整(鎖骨?後頭骨)
  • 第二頚椎矯正
  • 肩関節周囲の調整
  • 頸部から腰部の脊柱起立筋の調整
  • 足首の調整(頸へのツボ調整です)
logotop1 logotop2 logotop3

メールでの予約電話をかける

line

line

page top